魔女の宅急便

魔女の宅急便

映画を観たので、雑感をまとめておきたいと思います。

「魔女の宅急便」は、前回ブログで紹介した、TSUTAYA AI オススメの作品。
「リンガー!替え玉★選手権」は貸出中だったので、替わりに夕食で、
「リンガーハット!大盛り★選手権」をしました。ご馳走様でした、また次回のお楽しみです。

舞台をやるようになって以来、映画を観る時も気になりだした事があります。
それは、上映時間が何分かと言う事。

舞台は上演時間が90分だとちょうど良いと感じています。
映画はもう少し長い作品が多いですが、120分を超えると長いなーと心構えをします。

魔女の宅急便はと言うと、102分。気楽に観られます!

魔女宅を、最後に観たのはいつなのか?
金曜ロードショーでよくやってるので、身近に感じていたものの、記憶をたどって見ると、10代まで遡りました。
実に20年ぶりの鑑賞になりました。

因みに、魔女宅が金曜ロードショーで過去放送された回数は、14回だそうです。

ーーーーーーーーーー

【以下、ネタバレ注意してください!】

今回、観て特に印象に残ったのが、作品の細やかな演出でした。

お母さん、感情が入って試験管爆発
お父さん、高い高いで持ち直す
お婆さん、箒にまたがってみる

台詞がなくても描写だけで視聴者に説明ができています。
言わなくても、見てわかるという表現もたくさんありました。

屋根から水がザバー
パンで作った看板

本筋には関係ないのに入っているカット。
それがある事で、奥行きを感じました。

路地から出ると風がビュー
ガムが沢山出てお手玉
落ち葉で足がすべる

リアクションもキャラクターを魅力的にしていました。

わぁお!
口笛

大声で豪快に笑うのも好きです。
もちろん、印象的な台詞もありました。

時代のせいですよ
才能を生かした仕事

普遍的な台詞なんですね。だから長年愛される。
台詞の掛け合いの良さも感じました。テンポと言葉のチョイス。

街、家、衣装。造型デザインも匠でした。
あと構成の良さ。

ラジオからルージュの伝言からのタイトル&オープニングクレジット
タイトルバックが満月
最初山小屋に来たときに、キャンパスがある
時計塔で始め、時計塔で終わらせる計算

ーーーーーーーーーー

実写の映画やドラマを観た時よりも多くの発見がありました。
大満足です。TSUTAYA AI オススメしてくれてありがとう!